マーベルのキャラクターの誰がカジノエックスで一番ギャンブルが強いと思う?

マーベルのキャラクターは既にカジノエックスをはじめとするオンラインカジノゲームのモチーフになっています。特にアイアンマンを題材にしたネットギャンブルゲームは大好評ですので、マーベル好きの人はプレイしてみてはいかがでしょうか。 他にもキャプテン・アメリカ、マイティ・ソー、ウルヴァリンなどもカジノゲームになっていますよ。   そして、ネットカジノゲームをプレイするうちに気になってくるのではないでしょうか。 「マーベルのキャラクターがカジノエックスでギャンブルをしたら誰が一番勝つの?」ということを。   あの非常にIQが高いスパイダーマンかなと最初は思ったのですが、 それよりも最強なのは「サノス」だと思います。 サノスがインフィニティガントレットを持った状態で念力を使えば、カジノエックスのオンラインポーカー、オンラインスロット、オンラインバカラ、オンラインブラックジャックなど、どんなゲームでも勝ち放題のはずです。 とまあ「念力を使う」などというイカサマ(?)はプライドの高いサムスであればしないでしょう。   しかし、念力を使わないにしてもサノスはカジノエックスのギャンブルゲームで勝てると思います。Casino-Xに興味がある方はカジノエックス評価をこちらからご覧ください。 なぜなら基本的に冷静で無理な勝負をしないからです。 サノスが「○ドル勝ったら今日は引こう」と決めたのであれば、どれだけオンラインカジノゲームで連戦連勝で調子が良いと思っても、本当に○ドルに到達すれば引くはずです。 サノスは見た目は筋肉の塊といった感じでとても頭が良さそうには見えないんですけどね。本当はとても知性の高いキャラクターです。   ただ、サノスには「心の奥底で全てを失いたがっている」という弱点があります。 実際、サノスは「せっかく獲得した能力を故意に全部失う」ということを何度か繰り返しています。 全てを叶える能力があるからこそ、本心では「何事もどうでもいい」と思っているのかもしれません。ですから、例えばジャックポッドに的中した瞬間に「やーめた」と考えて、カジノエックスのアカウントを削除してしまうかもしれません。 その「破壊衝動」さえ抑えることができれば、サノスは「最強ギャンブラー」だと思います。   ちなみに、サノスは死神の「デス」に好意を寄せています。 カジノエックスで稼いだお金で豪華なデートに誘えば仲が進展するかもしれませんが、実はデスはデッドプールと「イイ感じ」になっているので、カジノエックスで大勝利してもハートを掴むのはちょっと難しいかもしれませんね。  

2020年もマーベルから目が離せない!新作と今後の展開まとめ。

近年、マーベル作品が終わってしまうのではないか?という噂をよく耳にする。恐らくそれは2019年に「アベンジャーズ/エンドゲーム」が放映されたからであろう。 たしかにアベンジャーズエンドゲームの日本語版ポスターには「アベンジャーズが終わる。新たな希望の為に」と書かれていたので、実際にまだ未視聴の方がそう思うのも無理はないように思う。しかし勿論これ以降マーベル作品は作られないのか?というと全くそのような事は無く、むしろ2020年以降もまだまだかなりの数のマーベル作品がスタンバっている状態だ。 まずは2020年4月3日に全米で公開になる『X-MEN:The New Mutans』シリーズ初のホラー作品で、公開予定からかなり遅れましたがこの度ついに発表されました。2020年5月1日には「ブラック・ウィドウ」が日米同時に封切りになる。これまたアベンジャーズ好きにはとても有名なブラック・ウィドウにクローズアップした作品。 2020年夏しか発表されていないが「モービウス」も今年全米公開になる作品。スパイダーマンのヴィラン(敵)であるモービウスが主役なので、いつもとはまた違う視点で楽しめそう。 2020年の予定の最後は「ETERNALS」。キャプテンアメリカの作者であるジャックカービー作品で、また新たなヒーローが誕生する。どのような個性的なヒーローが誕生するのか。こちらも非常に楽しみだ。 このように2020年だけをとっても4作品と衰える事をしらない勢いで我々を楽しませてくれるマーベル作品。さらに、映画以外でも配給元であるディズニーの動画配信サービスであるディズニー・プラス(残念ながら日本版ではまだないですが、全米で大人気の配信サービスです)にて配信されだすドラマ「ロキ」もまた見逃すことはできない。 映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」のエージェント13も登場するという噂もありマーベルファンは非常に嬉しい作品。もちろん2021年以降の配給作品もいくつも発表されているし、ますますマーベル作品は勢いを増していくに違いない。